レイヤーマスクは切り抜き作業の仕様の一つです。
マスクという名の通り、画像の一部分だけを消す(隠す)ことにより、
切り抜かれた画像に見せるという機能です。

レイヤーマスクには、
「切り抜き箇所をPhotoshopで後から微調整できる」というメリットがあります。
間違えて違う場所を消してしまった場合でも、
ブラシツールを使って簡単に復元できます。
また切り抜きだけではなく、色補正用の選択範囲として使用することもできます。

レイヤーマスクの追加・編集方法

①画像を開きます。

②「マスクを追加」のアイコンをクリックします。

③レイヤーマスクを編集します。
追加されたレイヤーマスク部分を選択し、ブラシツールの色を黒にして描画します。

④描画すると黒で描いた部分は消えて、下の背景が透明になります。
白で描いた部分は残ります。

⑤この要領で、レイヤーマスクを使って画像を切り抜くとこのようになります。

⑥加工した部分については、マスクを削除するだけで加工前の状態に戻せます。
レイヤーマスクを選択し、右クリックメニューの「レイヤーマスクを削除」を押すとマスクを消すことができます。

⑦また作成したレイヤーマスクについては、
レイヤーパネルからマスク部分をダブルクリックすると、
マスクの境界線を編集・微調整することができます。

キリコムではこのようなレイヤーマスクを使用した切り抜き作業、
また色補正用にレイヤーマスクのみをお作りする作業もお承りしています。
ご依頼の際は、お気軽に下記のお問い合わせフォームか、
faq@kirinuki-ya.comまでご連絡くださいませ。